陸マイラークエスト

年収300万の男が陸マイラーと人生賢く生きる事を目指すブログ

メルカリとブックオフどちらで本を売るべきか比較してみた

book off,メルカリ

 こんにちわ、ルビードッグです。

 

今回の記事はメルカリを利用したいと思っていても、まだしていないという方の助けになればと思い、この記事をかいています。

 

先日家の中をスッキリさせたくて、色々なものを処分していました。そこで、もう読まない部屋の隅に置かれているだけの本をどこに売ろうか迷っていたのですが、メルカリとブックオフどちらに売った方がgoodなのか、僕の体験をもとに比較してみました。

 

では、さっそく

 

今回売りたい本リスト

  1. Amazon Web Service実践入門
  2. ナイトフォトの撮り方ガイド
  3. 白い猫は何をくれた?
  4. 予想どうりに不合理
  5. たのしいRuby
  6. スラスラわかるHTML&CSS
  7. 完全英語上達マップ
  8. タイムラプス撮影テクニック
  9. 作りながら学ぶHTML/CSS
  10. 3ステップでしっかり学ぶJavaScript
  11. 最初に読むPHP
  12. 風の靴(小説)
  13. 真夏のバディ(小説)
  14. 金子千尋の変化球バイブル

以上が今回処分したかった本です。

 

ブックオフで買い取ってもらう場合

上の本をブックオフで査定して貰ったら、なんとたったの300円台でした

 

 こまかい金額までは記憶にないですが、ちょっと安すぎたので今回は買取を断りました。

 

メルカリの場合

下のリスト横のカッコ内は送料175円とメルカリへの販売手数料を差し引いた僕に入る売り上げを記入していきます。

  1. Amazon Web Service実践入門  (617)
  2. ナイトフォトの撮り方ガイド  (725)
  3. 白い猫は何をくれた?  (365)
  4. 予想どうりに不合理  (329)
  5. たのしいRuby  (1004)
  6. スラスラわかるHTML&CSS  (536)
  7. 完全英語上達マップ  (365)
  8. タイムラプス撮影テクニック  (437)
  9. 作りながら学ぶHTML/CSS  (716)
  10. 3ステップでしっかり学ぶJavaScript  (230)
  11. 最初に読むPHP  (まだ買い手なし)
  12. 風の靴(小説)  (まだ買い手なし)
  13. 真夏のバディ(小説)  (まだ買い手なし)
  14. 金子千尋の変化球バイブル  (まだ買い手なし)

計 ¥5,324 になりました。

 

それぞれの特徴

 それぞれの特徴をあげると次のようになります。

ブックオフ
  • 買取価格が安く、儲けが少ない
  • 手間がかからず、買取完了まで時間がかからない
  • 売れ残りがなく、全て処分できる

 

メルカリ
  • 需要があれば、だいたい売れる
  • 高く買い取ってもらえる可能性がある
  • 必ず売れるとは限らない
  • 梱包や配送の準備が手間

 

まとめ

今回の取引で感じたことは、時間がある人は手間はかかりますがメルカリに出品することをオススメします。本のカテゴリーや、状態にも寄ると思いますが、着実に売れてお得だなぁ〜と感じることができました。売れなくても少し値段を下げたら買ってくれることもありました。( ※個人的な感想ですが、有名じゃない小説系はメルカリで設定できる最低金額300円にしても売れない気がします。 )

 

まずメルカリで出品して、売れ残ったものはブックオフで買い取ってもらうのが一番お得だと思います。まだメルカリを利用したことない人は、本に限らず出品してみると面白いのではないでしょうか。

 

僕も面白かったです ワラ

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

 

www.updalife.com